株式会社 花山 公式 日本酒サイト
黒龍 明鏡止水 初亀 麓井 正雪 墨廼江 喜楽長
瀧自慢 美丈夫 美田 扶桑鶴 益荒男 庭のうぐいす トップページ
 
 
 
what's 花山
 
 
 
 
飲食店サーチ
 
酒門の会 72REVOLUTION
 
PASION-15
 
九頭龍
 
燗たのし
 
酒グラス
 
美田
株式会社みいの寿
福岡県三井郡大刀洗町大字栄田1067-2
0942-77-0019
  杜氏は置かず、製造部という形で
   みんなで酒を造っています。
仕込水:小石原川の伏流水
 
銘酒ご紹介
蔵写真

蔵のご紹介

三井の寿は福岡県三井郡の大刀洗町にあります。この大刀洗町は江戸時代、参勤交代の参道に当たり、その沿道に宿場を含めて三箇所に、平安時代を始めとしての古い湧き井戸があります。この一帯を三井郡と呼ばれていますが、その三つの井戸から「三井の寿」の銘柄が生まれました。
 九州最大の筑後川に注ぐ小石原川の清流沿い、のどやかな、美田の広がる筑後平野の中に蔵があります。主に吟醸酒、純米酒そして山廃を造っていますが、原料米としての最高峰「山田錦」の主産地のひとつ糸島を近くに控え、毎年田植えの季節には造りの人達と一緒に手伝いに行き、苗から育つ山田錦の成長をみつつ秋の収穫を迎えます。
 精米機の回る音が聞こえると、いよいよ酒造りの時節となりますが、吟醸用の小さい仕込みタンクから純米用のタンクまで、大きい仕込みは行わず発酵に最も適した仕込みで造りを行います。
江戸時代を通して造られてきた日本酒が、大正から昭和の初期に最も充実した造りとなり、その杜氏の日本酒造りの理論と技術を、新たなるものとして学び、地元米の持ち味を生かした、深みのある旨みと切れ、そして奥行きのある「三井の寿」ならではの酒を醸し出します。
 そのようにして造り上げた、吟醸とか純米、及び山廃等の貯蔵は、瓶燗火入れした後に、低温蔵にてそのまま瓶貯蔵いたします。ひと夏を越し、或いはふた夏を越して、熟成の頃合を見て再度タンクに戻し、それから瓶詰するという方法で出荷に移ります。
 より良い酒造り、そして醸造工程と同様に熟成管理にも重きをおいて、日本酒本来の旨みを追求して行く事を大きな目標としています。

福岡の酒造り

この地「福岡」が日本酒造りに思いの外恵まれている地方であるかをお伝えしたいと思います。
まず原料ですが、酒造好適米の最高峰「山田錦」は兵庫に継ぐ産地が福岡に糸島地区なのです。仕込み水も太刀洗周辺は福岡市の水庫として自然の山林や河川が大切に保護されています。その中で当蔵は小石原川の伏流水を地下86mよりくみ上げ、そのまま仕込み水として使用しています。

三井の寿の蔵人

福岡ならではの魅力的で個性的な日本酒造りをさらに追求するために、当蔵では96年度より製造体制を一新致しました。新体制の根幹となるのは若き醸造技師集団です。主任醸造技師は福岡県出身の35歳です。石川県の菊姫で酒マイスタ−として濃口杜氏のもとで酒造技術を学び、96年度より我が社の主任醸造技師として、福岡県の水・米・気候をいかした日本酒造りを追求しています。
また醸造技師として20代の若者が3名、30代が2名。全員が酒造初心者ではありますが、仕事と理論の双方にとても熱心で責任感が強く、これからの成長が楽しみな蔵人です。
 地元の米、自然の水、ベテランと若き醸造技師集団、そしてこの地域での気候、この様な中で原料米の持ち味をお酒に醸し出し、福岡ならではの魅力と個性を発揮した日本酒を造り出して行きたいと思います。 
 
 

【昔ながらの和釜】
和釜、酒蔵の殺菌は熱湯でするのでお湯は何時でも沸いています。
 

【洗米】
 

【一升盛り】

【蒸し】
三井の寿は60分蒸で米を蒸しています。


【釜堀り】
釜を掘っているのは弟です。

【釜掘り】

【箱麹】
2室目は中仕事、終い仕事をする部屋です。

【麹室】
三井の寿のむろは、4室からできており、機械類は一切なく、全部一升盛りの木蓋で麹を造っています1室目はこの大きな”とこ”に蒸米を引き込み温度を下げ、もやしをふり明日の朝まで包んで置きます。

【出麹室】
4室目、出麹室、一昼夜置かれた麹は朝タンクに入れられます。

【箱麹】
一枚目と一緒で普段は乾燥を調整するために布をかぶせています。

【袋吊り】

【蔵全景】
蔵全景、後ろに見えるのは耳納連山、葡萄の巨峰はこの耳納連山の麓で初めて造られこの山の姿から名がつきました

杜氏は置かず、製造部という形でみんなで酒を醸しています
 
 
全国新酒鑑評会金賞受賞」・・・2005.6蔵元日記より抜粋・・・
 5月は全国新酒鑑評会の発表があり、きがきではありませんでしたがお蔭様で3年連続金賞を取る事ができました。福岡国税局管内で1位を取ると全国に入らないと言うジンクスがあるのでビクビクしていましたが受賞できて良かったです。5月26日には一般公開があり、利きに行ったのですが、自分の主観だけで感想を言わせてもらうと、入賞酒は勿論、綺麗で香りもあり後味もキレていました。金賞酒はそれにプラスアルファー甘さというか味が多かった気がします。(偉そうな事言って申し訳ありません)でも、今までの大吟は、お米で造ったお酒なのに、米の味がしちゃいけないと言うような傾向だったので味がある酒が認められてきて三井の寿としても嬉しいしだいです。
 
▲top
銘酒ご紹介
Copyright (C) 2004 Hanayama.Co.,Ltd All Rights Reserved.