株式会社 花山 公式 日本酒サイト
黒龍 明鏡止水 初亀
瀧自慢
 
 
 
what's 花山
 
 
 
 
飲食店サーチ
 
酒門の会 72REVOLUTION
 
PASION-15
 
九頭龍
 
燗たのし
 
酒グラス
 
瀧自慢

瀧自慢酒造株式会社
三重県名張市赤目町柏原141番地
0595-63-0488
杜氏:高橋成男(65歳) 南部
仕込水:赤目四十八瀧からの伏流水 
>>瀧自慢酒造オフィシャルページ
 
銘酒ご紹介

蔵写真

清らかな風土が醸す伊賀の地酒「瀧自慢」

瀧自慢蔵元は、三重県の山間部、奈良県との県境にある伊賀盆地にあります。伊賀忍者でも有名なこの地は、山々に囲まれ、蔵のすぐ近くには「日本の滝百選」にも選ばれた、国定公園赤目四十八滝の渓谷が続きます。寒暖差の大きな気候と良質の水に恵まれ、良い米の産地として知られる伊賀地方は、銘酒の産地でもあります。伊賀の酒が伊賀の地で愛され、日常酒として飲み継がれてきたことは、地元での消費量の多さからも伺えます。
 「一日の終わりに、この酒がないとなぁー」
そんな声が嬉しくて、我々は今年も美味しいお酒を目指します。

こだわりの酒造り

美味しいお酒は、良い米、良い水、そして蔵の姿勢により生まれます。
瀧自慢では、伊賀盆地で契約栽培される山田錦を中心に、赤目四十八滝の伏流水を使い、南部杜氏「高橋成男」を先頭に、蔵元も一体となり、妥協を許さない酒造りに徹します。それは厳冬の中、秒単位で行われる米洗いに始まり、管理しやすい小さな仕込タンクの使用、生詰め瓶燗による瓶詰め、大型冷蔵庫による貯蔵等々、大量生産では出来ないこだわりの一滴を醸します。

瀧自慢は、製造数量わずか五百石の小さな蔵ですが、手を掛けられる所には隅々まで手を掛け、蔵の個性が酒に表現出来るよう、「こだわりの酒造り」をしています。 

瀧自慢を造る面々

瀧自慢の造り手は、総勢五名。
瀧自慢歴十二年を数える南部杜氏 高橋成男を中心とした蔵人に、杜氏見習いの若手社員と専務が加わり、少数精鋭で真摯に造りに取り組んでいます。夜中も三時間ごとに起きてモロミの管理をする蔵人、早朝五時からの仕込みに合わせ、四時から作業に入る蔵人・・・・。それぞれが自分に出来る精一杯で、今造っているお酒に向き合っています。

「 百人が一杯呑む酒より、一人が百杯呑みたくなる酒 」

瀧自慢はこんな酒を目指して、これからも一歩一歩前進していきたいと思います。
 
 

秒単位の米洗い
 

雪の中の米洗い
 

槽搾り

蒸し

蒸し米掘り

蒸し米

箱麹

仕込み風景

温度管理

仕込み風景

粕はがし

袋吊り

蔵人

仕込みタンク

蔵周辺

蔵元 家族等集合写真

▲top
銘酒ご紹介
Copyright (C) 2004 Hanayama.Co.,Ltd All Rights Reserved.