HOME » 蔵だより » 喜楽長

喜楽長

05
Apr
2018
喜楽長

喜楽長通信 2018年4月号

kirakucyo201804_01.png

毎度ありがとうございます。
平素は、格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
さて、日に日に日差しが暖かくなってくるころ、3月10日に甑倒しを行いました。
半年間続いた29BYもこれにて一区切りです。本年は、最盛期に寒気が訪れ、
例年以上に冷え込んだ、造り酒屋にとっては喜ばしい年でありました。
皆造は、4月初旬です。10月から続いた仕込みが大きな事故なく
終わったことをうれしく思います。そして先日は、甑倒しのお祝い会を
蔵人、営業・製造の社員を含め全員で行いました。
みんなで今季の造りを振り返り、杜氏さん・蔵人さんを労う会です。
社長、杜氏はもちろん、社員それぞれの笑顔がこぼれる良い会となりました。

kirakucyo201804_02.png

またこの時期は、滋賀県酒造組合主催の新酒きき酒会、
大阪国税局の新酒きき酒会などと、今造りのお酒を鑑定官の先生方にご評価いただく、
また蔵元同士でも情報交換の場が多くあり、非常に忙しく有意義な時期でもあります。
県内の大きな話題としては、今年度から滋賀県では、非酒造期においても
小仕込みにて試験醸造のできる施設が稼働します。総米10キロでの小仕込み、
また酵母の培養等、最新鋭の設備が揃っています。
弊社も試験的に活用を予定しておりますので、また夏の喜楽長通信にてお伝えしたく思います。

<喜楽長 4月発売予定商品>
特別純米 滋賀渡船6号 生原酒

1800ml:2,600円(税込:2,808円)
720ml:1,300円(税込:1,404円)

昨年は、原料米の確保の関係上、発売できず、申し訳ございませんでした。
滋賀県独自の酒米「滋賀渡船6号」を用いた特別純米生原酒です。
芳醇な旨味と滋賀渡船6号ならではのしっかりとした酸を
生原酒タイプにてお楽しみください。
※本年より720mlも併せて発売いたします!

kirakucyo_watari6_nama.png

喜楽長 - 2018.04.05
01
Sep
2017
喜楽長

秋の訪れを感じるように。

秋の訪れを感じるように。

 残暑が厳しい毎日ですが、滋賀県東近江市では、朝夕の涼しさに秋の訪れを感じるようになりました。夕方になると鈴虫の声が聞こえます。
 徐々に秋の訪れを感じるようになりますと、今年も酒造りが始まると気持ちが引き締まります。弊社は、ほとんどを自家精米にて行っておりますので、9月中旬から精米が始まります。自社精米は、大変な部分もありますが、良い酒造りの為の、第一歩である「精米」。これをよりしっかり行うことが大切だと思い、兼ねてより自社精米を行い、昭和62年に現在の自動精米機を導入致しました。
 9月中旬より始動しました精米機は、3月ごろまでほぼノンストップにて稼働します。一つ一つの工程に、想いを込めて、喜楽長の平成29醸造年度が始まります。

喜楽長 - 2017.09.01
01
Aug
2017
喜楽長

今期の造りもすぐそこに

今期の造りもすぐそこに

 毎日、暑い日が続く夏真っ盛りではありますが、先日、四家杜氏にお越し頂き、平成29醸造年度の製造計画会議を行いました。今年の四家杜氏・蔵人たちの蔵入りは10月頭を予定しておりますが、9月に入れば、精米機の最終メンテナンスから始まり、一気に今期の造りが動き出します。杜氏さんには非酒造期においても、定期的に蔵にお越し頂き、貯酒の状況、新規の設備投資の相談など会議を行います。今回は、製造計画を中心に3日間の集中会議を行いました。
 また、会議の後は、懇親も兼ね、会社全体でBBQを行いました。弊社自社田を管理いただく農家の方もお呼びし、にぎやかで楽しい時間となりました。夏時期に英気を養い、今期の造りもより良い喜楽長を醸せるよう、会社一丸となって取り組んでまいりたいと思います。

喜楽長 - 2017.08.01
01
Jul
2017
喜楽長

喜楽長の酒造りの心を込めて

喜楽長の酒造りの心を込めて

先月より、新発売となりました「純米大吟醸 愛おし」「大吟醸 敬いし」。
書・ネーミングは、滋賀県にお住いの書家秀蓮さん、パッケージデザインは、同じく滋賀県にお住いのAMATA安藤さんにお願い致しました。
 さて、この少し変わった「愛おし」「敬いし」というネーミングには喜楽長の酒造りの心が体現されているのです。書家秀蓮さんによる社員一人一人へのヒアリングから始まったネーミング選考。悩みに悩み、30以上の案から選ばれたのは、「愛おし」「敬いし」という言葉。
 「酒は我が子でありながら、醸す過程は自然の神秘。畏敬の念を忘れてはならない。」という昔からの弊社の酒造りの心を、今改めて、掬い上げていただいたような、そんな気持ちのする言葉でした。
 どうぞ、大切な方と大切な時に寄り添うお酒となりますように。喜楽長の酒造りの心をお楽しみ下さい。

喜楽長 - 2017.07.01
01
Jun
2017
喜楽長

通算十七回目の金賞受賞

 平成二十九年全国新酒鑑評会において、通算十七回目の金賞を受賞することができました。これひとえに日頃、ご愛顧をいただいている皆様のおかげと心より感謝申し上げます。全国新酒鑑評会とは、独立行政法人酒類総合研究所が、毎年実施する清酒の品質品評会です。現在、全国規模で開催される唯一の清酒鑑評会です。
 毎年開催される鑑評会に、毎年、出品していますが、毎年、毎年、ドキドキの発表です。醸造技術を向上のために、杜氏はじめ蔵人たちが、心を結集して、金賞受賞をめざすことに、大きな価値があると私達は考えます。今回の受賞を契機に、より一層努力精進してまいりたいと存じます。
 多くの方から、お祝いのお言葉をいただきありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

喜多酒造株式会社
代表取締役 喜多良道
社員一同

喜楽長 - 2017.06.01
01
May
2017
喜楽長

「蔵元日記 2017年5月」

喜楽長の樹齢300年のケヤキ

 桜の季節も終わり、弊社にあります樹齢300年のケヤキの木にも、若葉が芽吹いてきました。朝と夕方でははっきりと違いが分かるほどに、ぐんぐん伸びる生命力に驚くばかりです。
 私共喜多酒造でも、5月上旬にかけて向いの自社田んぼに酒造好適米「吟吹雪(ぎんふぶき)」の作付けをおこないます。「吟吹雪」は、母・山田錦と父・玉栄として育成された滋賀県生まれの酒造好適米です。近年では、その特性を評価され、滋賀県下の多くの酒蔵でも使われています。
 滋賀県生まれの「吟吹雪」、その特性を生かしつつ、育て、醸してまいります。

喜楽長 - 2017.05.01
01
Apr
2017
喜楽長

「蔵元日記 2017年4月」

喜楽長 蔵の写真

例年より少し早く始めた今造りも、3月末にて無事に終わりました。大きな怪我もなく、無事に酒造りを終えられてことに感謝します。本当に有難うございました。
始まれば、長いようで短い酒造り。米の出来も違えば、気候も違う、様々な要因の中での酒造りですが、毎年、「より良い喜楽長とは。」と酒と己に向き合う酒造期であります。
酒造りを終え、四家杜氏はじめ、蔵人たちは、故郷能登へ帰郷しました。蔵人を見送った時、ほっとすると同時に、寂しさを感じる4月であります。

喜楽長 - 2017.04.01
07
Sep
2016
喜楽長

呑み切り

 毎年、九月の初旬に「呑み切り」を行います。「呑み切り」とは、貯蔵しているお酒を検査するために、タンクの呑口(のみくち)をあけて、酒を出し、鑑定することをいいます。第二の酒造りである「貯蔵・熟成」の状態をみるお酒の品質チェックをここで行う蔵の大切な行事のひとつです。  

 今年の呑み切りは、技術指導の先生、鑑定官の先生方をお迎えし、杜氏、社員ともにきき酒を行い、品質管理・製造の状態について確認致しました。また、来月から始まる今造りに向けての製造検討等、多くの議論を交わし、今造りの計画がいよいよ決定しました。

 もうすぐ、28BYの酒造りが始まります。


喜楽長 - 2016.09.07
01
Aug
2016
喜楽長

瓶詰め工場、工事。

 7月初旬より進めてまいりました瓶詰め工場の工事がもうすぐ終わります。40年近くお世話になった洗瓶機の買い替え、また新規の火入装置、コンクリートの打ちなおし、タンクの移動等、当初の予定よりも大きな工事となりました。新しい設備の導入は、大きな期待と不安が入りまじりますが、導入後の試運転も順調にすすみ、瓶詰め工場が8月より本格的に稼働致します。
 より良き喜楽長を目指して、瓶詰め工場、再発進です!

喜楽長 - 2016.08.01
01
Jul
2016
喜楽長

山も庭に動き入るるや夏座敷/芭蕉

 7月に入り、夏らしい天気がつづいています。喜多酒造では、毎年7月頭の晴れた日に座敷を夏座敷に作り変えます。
 襖を簾戸(すど)にかえ、爽やかな風が家を通るようにしますと、すっとむし暑さが遠のきます。
 こんな日は、縁側でキリリと冷えた夏酒「びわ湖の夏」を呑みながら、先人の知恵に感心するばかりです。

喜楽長 - 2016.07.01
02
May
2016
喜楽長

蔵元日記5月号

 若葉の緑が目にも鮮やかなこの頃、滋賀県東近江市ではあちこちで田植え風景を見かけるようになりました。私共喜多酒造でも、5月上旬にかけて向いの自社田んぼに酒造好適米「吟吹雪(ぎんふぶき)」の作付けをおこないます。
 「吟吹雪」は、母「山田錦」・父「玉栄」として育成された滋賀県生まれの酒造好適米です。近年では、その特性を評価され、滋賀県下の多くの酒蔵でも使われています。喜楽長でも、この夏に発売の新商品「特別純米 若苗(わかなえ)」の掛米に用いました。
 滋賀県生まれの「吟吹雪」、その特性を生かしつつ、より良い喜楽長をお客様にお届けしてまいります。

喜楽長 - 2016.05.02
10
Feb
2016
喜楽長

「初午祭」

 立春を過ぎ、いつもの年なら春とは名ばかりの寒さがまだまだ続くころですが、今年の冬はいくぶん穏やかで、鈴鹿の山々に霞たなびく春がもうすぐそこまで来ているかのようです。
 2月最初の午の日、表玄関のお稲荷さんの初午祭でした。神主さんにお越し頂き、社長・杜氏・蔵人一同にて、豊作祈願、良酒醸造祈願、安全祈願いたしました。
 蔵ではちょうど仕込みの半分の上槽を終えました。10月に始まった今年の造りもいよいよ終盤戦にさしかかりました。

喜楽長 - 2016.02.10
PAGE TOP