HOME » 蔵だより

蔵だより

日本酒は、寒期に造り、新酒が出来上がり、春にはかすみ酒、夏には爽やかな季節のお酒、秋にはひやおろしと四季を通じて楽しめます。また、原料のお米造りや蔵元が参加するイベントなど、様々に関わる出来事があります。こちらの「蔵だより」では、各蔵元が季節を通じ様々なトピックを発信しております。

06
May
2022
黒龍

~「和醸良米」今年も田植えの季節がやってきました。~

田植え.JPG

すぐそこに見える山々には雪が残る中、あんなにも待ち遠しかった春は早々と過ぎ去り、季節は初夏を迎えます。

4月下旬、福井県大野市阿難祖地頭方にある弊社試験田にて、酒米五百万石の田植えを行いました。毎年、新入社員の恒例行事だった田植えですが、新型コロナウイルスの感染拡大を鑑みて、一昨年と昨年はやむを得ず開催を見送っていました。

そんな待ちに待った3年ぶりの田植えは、「農事組合法人味の郷」の農家の皆さんのご指導のもと行われ、若手社員たちは慣れない作業に悪戦苦闘...。酒米づくりの大変さを身をもって感じました。

今年は、田植えに至るまで、苗の種まきや苗出し作業も見学させていただき、農家の皆さんが和気あいあいと、互いに声を掛け合いながら作業を行っていたのが印象的でした。当たり前に思うかもしれませんが、その光景を見て、農家の皆さんが醸す「和」が良い酒米を作っているのだと、心からそう思いました。「和醸良酒」。蔵で大切にしている言葉は、酒米づくりにも通ずるのかもしれません。

黒龍 - 2022.05.06
PAGE TOP